株式会社Luxonus

CONCEPT

私たちは、医療に、革新的技術を提供したいと考えています

株式会社Luxonusは、光と超音波を融合した光超音波イメージング技術を用いて、被ばくがなく安全で簡便に超高解像度3D画像を撮影できる画像診断装置を開発しています。

この新技術により、血管やリンパ管の形態や機能情報を得ることができるので、疾病の発症から治癒プロセス、病前・病後の健康状態を総合的にとらえられるようになります。

例えば、術前診断や治療効果の早期判定に活用したり、今まで治療困難であった方でもその方に最適な治療の選択ができるようになるなど、将来の医療に革新をもたらすことが期待されています。

光超音波3Dイメージング技術

Photoacoustic 3D Imaging: 3D-PAI

PAIとは生体にパルス光を照射した際に発生する超音波を特殊なセンサーで補足し、受け取ったデータをコンピュータ解析により画像化する技術です。PAIを用いた新規画像診断機器は既存の撮影技術である超音波、X線コンピュータ断層撮影(CT)、核磁気共鳴画像(MRI)などと比較して、無被爆、無侵襲(造影剤を使用しない)で、血管やリンパ管といった脈管の超高解像度3D撮影が可能です。さらに血流の酸素飽和度等も可視化でき、術前計画や投薬効果検証への活用が期待されます。

従来法
の課題

光超音波
イメージング

×

侵襲性・被ばく

造影剤を用いたり、X線などの被ばくがあるため、繰り返し検査が困難

〇

非侵襲・無被ばく

造影剤なしで血管を、安全性の高い色素を造影剤として用いることでリンパ管を画像化でき、繰返し検査が容易

×

低解像度

太い血管のみで、微細な血管網を可視化できない

〇

高解像度・三次元化

微細な血管やリンパ管のネットワーク構造も三次元的に可視化

×

モノクロ画像

造影剤の濃淡(CT, MRI)や音響的な反射の様子(超音波)を白黒で表現

〇

色の違いの可視化

動静脈の酸素飽和度の違いや、血管とリンパ管との違いを色分けして区別できる

STAFF

Startup Members

  1. SADAKAZU AISO相磯 貞和

    代表取締役

    慶応義塾大学名誉教授、芝浦工業大学特任教授、医師、医学博士
    慶應義塾大学医学部卒業、都立広尾病院内科、慶應義塾大学医学部内科、スタンフォード大学医学部微生物学教室、慶應義塾大学医学部解剖学教授を経て現職。日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会、各専門医

  2. TAKAYUKI YAGI八木 隆行

    取締役CTO

    キヤノン株式会社先端融合研究所所長、同社・総合R&D本部上席担当部長、内閣府 ImPACTプログラム・マネージャーを経て現職。東京工業大学大学院修士課程修了

  1. KATSUYUKI WATANABE渡邉 勝征

    取締役

    株式会社エムシープランニング代表取締役
    株式会社住友銀行(現三井住友銀行)本店検査役、SMBC不動産調査サービス株式会社調査部長を経て現職。

  2. MITSUHIRO AKADA朱田 光洋

    監査役

    朱田税務会計事務所代表
    専門分野:相続税等の資産税、企業再編等

  3. SHINICHIRO UMEMURA梅村 晋一郎

    技術開発コンサルタント

    株式会社日立製作所中央研究所主管研究員,京都大学医学部保健学科教授,東北大学大学院医工学研究科教授を経て現職。
    IEEE Fellow,ASA Fellow,日本超音波医学会功労会員
    専門分野:超音波医工学

  4. KUMI SAKURAI桜井 公美

    ビジネス開発コンサルタント

    プレモパートナー株式会社 代表取締役CEO
    専門分野:医療機器マーケティング

  1. YOSHIKIYO YUI由井 敬清

    システムエンジニアリング統括

    キヤノン株式会社光学機器開発および研究開発部門の部長職を経て現職。
    専門分野:システム開発、起業コンサルティング

  2. KOICHI MIYASAKA宮坂 好一

    電気設計技術開発統括

    日立製作所にて医用超音波診断装置の基本性能向上と新規機能に関する研究開発に従事。
    超音波工学フェロー(2009.10~2019.9)、電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    専門分野:超音波機器開発

  3. HIROYUKI SEKIGUCHI関口 博之

    画像処理技術開発統括

    京都大学工学部助教、立命館大学情報理工学部招聘准教授、京都大学大学院医学研究科特任講師を経て現職。
    専門分野:画像表示および画像再構成技術、博士(情報学)

  4. KOJI HARUTA春田 浩二

    ソフトウェア開発統括

    株式会社ハルテック代表取締役
    ソフトウェア開発統括を担当。プログラミング講座の講師を経て現職。
    専門分野:ソフトウェア工学,SE,AE

  5. YASUFUMI ASAO浅尾 恭史

    臨床開発統括

    キヤノン株式会社研究開発部門室長、京都大学大学院医学研究科特任准教授(協働)および内閣府プログラムImPACTプログラムマネージャー補佐を経て現職。
    専門分野:産学連携、博士(工学)

  6. SHINICHI TANAKA田中 伸一

    業務管理統括

    キヤノン株式会社研究開発部門の企画管理の部長職を経て現職。
    専門分野:プロジェクトマネジメント、ソフトウェア工学

  7. KENICHI NAGAE長永 兼一

    システムエンジニアリングスペシャリスト

    キヤノン株式会社研究開発部門にて光超音波装置のシステム設計に従事。
    専門分野:物理解析、評価

  8. TAKESHI SUWA諏訪 剛史

    電気設計スペシャリスト

    キヤノン株式会社製品開発部門および研究開発部門にて電気設計に従事。
    専門分野:電気機器設計、技術士(電気電子)

  9. TAKAAKI NAKABAYASHI中林 貴暁

    メカ設計スペシャリスト

    キヤノン株式会社研究開発部門にて光超音波装置のメカ設計に従事。
    専門分野:機構・機器設計

  10. AYA YOSHIKAWA吉川 彩

    ヒューマンインターフェース開発スペシャリスト

    京都大学大学院医学研究科研究員として、光超音波装置によって得られた生体3D画像解析に従事。
    専門分野:非臨床試験、画像評価

  11. AIKO MATSUURA松浦あい子

    経理スペシャリスト

    小規模企業において20年以上にわたり経理関連業務に従事。
    専門分野:経理、資金調達

  12.  

COMPANY

商号
株式会社Luxonus(ルクソナス)
代表者
代表取締役
相磯 貞和(慶應義塾大学名誉教授・芝浦工業大学特任教授)
Office
〒212-0032
神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 AIRBIC A22
TEL
044-742-8681
FAX
044-742-8683
設立
2018年12月
事業内容
光超音波技術を応用した新しい画像撮影装置の製品開発

ACCESS

神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 AIRBIC A22

NEWS

2019.10.11

CNRS-KU joint event(日仏イノベーションイベント「テクノロジー&イノベーション・ショーケース」)にて、弊社の技術を紹介しました。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/events_news/department/sankangaku/events/2019/191011_1.html

2019.10.03

化学工業日報に弊社の技術が紹介されました。

2019.07.20

AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)の『先進的医療機器・システム等開発プロジェクト』 に採択されました。
https://www.amed.go.jp/koubo/02/01/0201C_00047.html

2019.07.01

HVC (Healthcare Venture Conference) KYOTOにてピッチセッションに登壇し、弊社の技術を紹介しました。
https://www.krp.co.jp/hvckyoto/detail/1412.html

2019.06.24

経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-startup」に当社が選定されました。

2019.04.27

台湾で開催された国際会議(The 8th World Symposium for Lymphedema Surgery)に共同演者として発表を行い、Best Paper Awardを受賞しました。(筆頭著者:慶應義塾大学病院 梶田大樹先生)
http://www.lymphedema-surgery.org/

CONTACT

お問い合わせはこちらのメールアドレス
からお願いいたします